東京タクドラ実務地理教材 山手線沿線エリア習得編(18tksymt.zip)

東京でタクドラデビューされる方へ。
地理習得の決定版はコレ!!
新人さんの必須バイブル!!

どうやって営業するの?
どこで営業するの?
https://toukyoumap.thebase.in/items/14932395
どうやって道を覚えるの?
どれくらいかかるの?

はい、全て教えます!!

地理不案内はもう他人事!!
この仕事は道さえ覚えれば自由自在な営業が可能。
それが東京のタクドラという仕事の醍醐味。

好きな時に好きな場所で、好きなスタイルで営業可。
そして、頑張った分は100%給料に反映。

求められるスキルは地理の知識のみ。

当教材は革命を起こします!!
「東京地理は難しい」なんて
大間違い。適切な学び方で覚えれば東京地理ほど
覚えやすい地理は全国どこを探してもないでしょう。


当教材独自の画期的ノウハウを大公開!!

東京地理の簡単な覚え方はコレ!!

どなたでも圧倒的な早期習得が可能になる画期的ノウハウにより
楽しく学んで超簡単スピードマスターマスター!!
地理不案内はもう他人事!!
実際の運行経路を超詳細な図解と写真による説明でリアルに
シュミレーション!!

適切な覚え方で学べば東京地理は決して難しくありません。
では、その覚え方とは?

東京地理に対する一般的な印象とは「超難しい!!」とか「こんなの覚えられるか!!」のようなマイナスイメージになりがちでしょう。


しかし、それは大間違い、単なる固定観念に過ぎません。
東京地理は、実はとても覚えやすいものなんです。見た目の印象に惑わされてはダメ!!これほど覚えやすい地理は全国どこを探してもないでしょう。何故ならそれは極めて合理的な構成で成り立つものだからです。


つまり、東京は日本の首都であり、その地理構成は江戸時代から受け継がれている由緒あるもの。江戸時代の参勤交代を思い出して下さい。社会の授業で教わったはずです。そして、全国を見渡しても物流も人の流れも東京を中心とした地理構成が前提になっている事は当然の事実です。

そして、これこそが、つまり、中心への円滑な繋がり、中心からの円滑さという基本原理の理解と応用こそが、東京地理の適切な覚え方に直結します。

ここでいう中心とは皇居の事です。ここは江戸時代は江戸城でした。東京地理のど真ん中は、この皇居であり、この中心との円滑な繋がりこそが東京地理の成り立ちの原点と言えます。


そして、この基本原理とは、東京23区におけるそれであり、上記のような日本全国を見渡した地理構成ではなく、あくまで23区内で物理的に成り立つものです。つまり、東京23区の地理構成とは、その構成の目的においても、物理的な成り立ちにおいても、皇居を中心としたものであるという事です。

そして、非常に複雑な構成で成り立つ東京地理ですが、その構成の目的とは非常にシンプルです。たった1つのテーマに従っているだけなので。

はい、クドイようですが、「中心との円滑な繋がり」がそれです。
という事は?

はい、この目的に忠実に従うとは?

そうです。これを可能にする基本構造とは、たった1つしかありません。
では、その基本モデルとは?

はい、「蜘蛛の巣」です。

蜘蛛は自分の巣の中で決して道に迷いません。何故なら、考えなくても自動的に常に最短経路を構成できるからです。

東京地理の覚え方とは、まさにこれに尽きます。
つまり、道を覚えるとは「道の使い方、つなぎ方」を覚える事であり、
決して道そのものを覚える事ではありません。地理構成の目的に沿った、あくまで自然で必然的な道の繋がり、使い方を知る事こそがタクドラにとっての習得といえます。

そして、当然ですが、実際の運行経路とは、そういうものになります。
東京地理の合理的構成に沿った自然な道の繋がりに従わなければ、決して適切な運行経路を構成する事はできません。


東京地理の構成原理は偉大です!!

これを理解し、習得する事こそが適切な学習法である事は間違いありません。
中心との円滑な繋がりという、非常にシンプルな目的により成り立つ東京地理。
それは一切の矛盾なく実現しているといえるでしょう。


新人さんが習得を目指す際、見るべき事は、覚えるべき事はこれに尽きます。
複雑な外観に目を奪われ、肝心要の原理原則を見落としてしまう。
これが「東京地理は難しい」という間違った固定観念に直結しています。
これを改め、適切な覚え方を知れば、東京地理の早期習得は確実に可能です。
そして、これはあくまで経験者の体験談としての提案です。

東京地理は、その構成原理の通り、必ず真ん中から覚えなければなりません。
何故なら、真ん中さえ覚えれば必然的に23区全体に自然に繋がるからです。

1つが全てに一跨ぎで繋がるという非常に合理的な構成で成り立つのが東京地理です。決して断片的な地理を繋ぎ合わせるような覚え方はしてはいけません。

1度で済む事を何度手間にもしてしまう事になるからです。
はい、東京地理の習得とは、その中心である都心エリアさえ覚えれば、そこから先はイヤでも後から付いてくるもの。これほど合理的な構成原理を無視して何気なく勉強しても身に付かないのは当たり前。

地理習得に悩む多くの新人さんの苦しみの根源とはこれに尽きます。

複雑な都心部を避け、覚えやすそうな所から少しずつ・・・。みたいな間違った認識は今すぐに改めるべきです。

そして、この都心部の地理とは、蜘蛛の巣と同様に中心に近い程、その構成原理が活かされる事から、非常に合理的にできています。しかし、地理構成が複雑で難しいエリアとは都心エリア。

というと、何だか矛盾してるように思えるかもしれませんが、
いいえ、一切の矛盾はありません。

はい、都心部の地理とは、非常に複雑なものではありますが、構成原理という明確な理論により、非常にシンプルに要約する事ができます。逆に言うと、複雑だからこそ、明確な理論により単純化された構成であると言えます。つまり、要点さえ理解できれば要約しやすいという事です。

それはどういう事なのかについてですが、

今、専門的な話をしても仕方がないので具体的には言いませんが、要点だけ言うと、なんと、たった7本の道の実務的活用法を知る事が構成原理の実務的解釈と活用法に直結するという事です。

たった7本の道を覚える事が難しいですか?

これには新人とか、東京を全く知らないとか、

そのようなハンデは一切関係ありません!!

昨日、北海道から赴任したばかりの新人さんでも大丈夫。

如何ですか?東京地理の合理的構成について少しはご理解頂けたでしょうか?

少なくともシンプルな原理原則についてだけは是非ご理解下さい。


それでは、もう少し具体的な話をしましょう。綺麗事だけ言っても仕方がないので。では、始めます。ここから先は本気で東京のタクドラという仕事について前向きに検討している方だけご覧ください。



はい、少々ややこしい話になるので・・・。


東京地理は蜘蛛の巣です。
蜘蛛の巣とは、中心との円滑さを追求した地理構成の最上級モデルです。
これ以上の構成はあり得ません。そして、これは誰にでも必然的に思いつくシンプルなもののはずです。まずはこれをもう1度再確認しましょう。

次に蜘蛛の巣における道の使い方について。
蜘蛛は決して自分の巣の中で道に迷いませんが、それは道の使い方を明確に理解しているからです。そして、それは非常にシンプルです。


では、その使い方とは?
はい、経路構成のメインを成す道は中心から放射状に延びる道です。
そして、目的地までの中継に使うのが中心を幾層にも囲む環状道路です。
環状とは輪の事です。

このような非常にシンプルな経路構成が自在に可能な構造だから決して道に迷わないわけです。これが2つ目。

以上、この2つの要点を今すぐご理解下さい。
これを実際の東京地理に当てはめて実際の運行経路と参照し、その構成原理の完成度をご理解頂く。これが当教材の学習法です。

勿論、タクドラにとっての実務的知識の習得を目的とした学習になります。

知識とは「使いこなせてこそ」です。
使いこなせない知識は、ただの浅知恵、雑学に過ぎません。

つまり、当教材は営業エリアを明確に選定した上での実際の運行経路を覚える為のものです。その営業エリアとは当然、新人さんにとって無理のない、そして有意義な営業が可能になる、あくまで一般論からの提案によるものです。

そして、この営業エリアとは、極力幅広い範囲に対応できるものでなければなりません。それが売り上げに直結するからです。

そのエリアとは、渋谷、恵比寿、新宿、そして1押しの六本木、そして、六本木エリアのより深い習熟を目指し、六本木から非常にアクセスのいい目黒、五反田、原宿も加えます。

以上7つのエリアを攻略する事を都心部の地理の実務的習得の手段とします。

一般的に「都心」とは山手線という皇居の外周を周回する環状路線沿線エリアの事です。そして、上記の7駅の内、六本木以外は全て山手線の駅です。
六本木は地下鉄の駅です。山手線はJRの駅です。(つまり大きな駅)
また、これらの7駅の内、六本木は最も中心に近いです。

山手線とは、東京地理の要といえます。

何故なら、都心部の地理とは、この山手線の駅に円滑に繋がるようにできているからです。道も電車の路線も然りです。

と言うのは、「山手線という環状経路」は電車の路線についてのものだけではなく、実際の道についても同様に成り立ちます。これは3本の道を繋げる事で成り立ちます。それが池袋から古川橋までの明治通り、品川から上野までの中央通り、そして、不忍通りです。

これも今すぐご理解下さい。そして、山手線の駅とは、この3本の道から非常にアクセスのいい場所に立地しています。これを「山手線の駅の立地原則」と言います。山手線の駅29の内、26がこれにピタリと当てはまります。まさにこれらの道沿いという駅も多くあります。

ですから、新人さんが最初に覚えるべき学習課題とは、この山手線の沿線エリアを構成する3本の道を最外殻とした環状経路からの皇居への繋がりに着目した構成原理の理解と習得です。

つまり、上記の7駅から山手線全ての駅に自在に行けるようになる事です。

東京のタクドラが東京駅に行けなかったら?
上野に行けなかったら?
渋谷に行けなかったら?
新宿、品川、秋葉原、池袋に行けなかったら?

これらの駅名くらいは全国規模で当然のように認知されてるはずです。
はい、当然全て山手線の駅です。
このように山手線とは、東京において最も一般的な路線です。

全てに行けなくてはなりません。
これは常識中の常識と言えます。
これも今すぐご理解下さい。

蜘蛛の巣の話を思い出して下さい。
蜘蛛の巣における道の使い方とは?
2つしかありませんね?

はい、その内の1つである環状道路を山手線の沿線を周回する実際の道に
当てはめる事が構成原理の実務的解釈に直結します。そして、それを応用
した学習こそが早期習得に直結します。

この非常にシンプルな理屈も今すぐご理解下さい。

当然、実際の東京地理では蜘蛛の巣のようなシンプルな構造ではないため、
少々やややこしい経路構成になることはありますが・・・。

何事にも例外は付き物です。

しかし、それはさておき、例えば渋谷から山手線の駅全てに行く経路を覚えようとするとき、20までの駅なら確実に30分勉強すれば覚えられます。

その他のお勧めエリアについても同様です。
これが構成原理の力です。

では、残り8、又は9駅の場合だと?

はい、これは次の学習過程である「超基礎編」のノウハウにより
これまた超簡単に覚えられます。

この「超基礎編」こそ、当教材の画期的ノウハウを提供する
今後の学習過程全ての糧となる最も重要な工程です。
はい、複雑な都心部の地理をスッキリシンプルに変えてしまう魔法のノウハウなので。そして、都心さえ覚えれば23区全てに一跨ぎで繋がります。

今回の学習は、本格的な学習前のウォーミングアップです。

あくまで原理原則としての東京地理の覚え方をご理解頂く為のもの。
本編は超基礎編からです。

そして、山手線沿線エリア習得編、JR全線習得編、私鉄全線習得編、
地下鉄全線習得編と学び進んでいきます。


東京のタクドラにとっての実務的習得とは、まず駅に行けるようになる事。
何故なら、23区内であれば、よほど外れの場所でない限り、必ず目的地には最寄りの駅があるからです。23区を網羅するレベルで駅があるんです。

従って、お客様は目的地を指示する際、まず駅を指定します。そして、近くまでくれば案内してくれるというパターンが圧倒的に多いんです。夜の運行なら十中八九そうなります。何故なら、夜は帰宅客がメインだからです。東京では「どこ住んでるの?」の問いに対して駅名で答える事が常識だからです。


新人さんが道を覚えるトレーニングとして、駅に行く運行経路を覚える事こそが実務的に有意義である事は言うまでもありません。

そして、新人さんが最初に覚えるべき課題は超基礎編と山手線沿線エリア習得編
をクリアする事です。お勧めエリア7駅から山手線の駅全てに行く実際の運行経路を覚える事がその学習内容です。

しかし、今いきなり勉強できますか?

「タクドラやってみようかな?」くらいの曖昧な動機では
今後の実務的学習は決して継続しないでしょう。いえ、100%
ムリです。当然ですが・・・。

本気で覚えたい、覚えなきゃならないという必要性こそが習得の大前提です。
いくら「簡単ですよ」といっても、あくまで実務的レベルでの習得です。
本気で覚える気がなければ無理です。


それはさておき、今本気で検討されてる方、しようかな・・・。でもいいでしょう。・・・。もし、本気で覚えたいなら、私のこの提案に乗ってみては如何でしょうか?あくまで経験者としての体験談による実務的ノウハウの提供なので。

いえ、決して押し売りするつもりはありません。
しかし、誰もが最初は素人。例外なく全てのドライバーは
一人前になるまでに多くの苦悩を経験してきたはずです。

勿論、私もです。

「どうやって覚えるの、こんなややこしい道!?」
「ムリだろ!?こんなの・・・」みたいな

まさに途方に暮れるような思いをしたものです。
はい、適切な覚え方を知らなければそうなります。
確実に。例外はないでしょう。東京地理はそんなに
甘くありません。

しかし、私の場合はほんの少々の「気づき」が
全てを変えてくれました。

いえ、それは1年ほど実務経験を重ねれば必然的に
気付かされる事なのですが・・・・。誰もが。

しかし、1年後の「気づき」では遅いんです。
それでは習得までに2年かかりますから・・・。

新人さんの特権の有効期間は1年だけ。
「新人です、道案内お願いします」で堂々と営業できるのは・・・。

1年で道を覚えなければ、この就職を確実に成功に繋げる事はできません。
「成るべくして成る」、「勝つべくして勝つ」

これを実現してこそ堅実というものです。

何事も最初が肝心。最初に成功体験をするか、またはその逆かで
今後のモチベーションのあり方には雲泥の差が生じます。

「小さな成功をコツコツと」これが賢い人の仕事ぶり。

そうは思いませんか?
はい、そうです。
「貴方、ホントに新人さん!?」って
お客様に言わせてみせましょう。
新人さんにとってこれ以上の成功体験はありません。

それに先輩乗務員の方だって、「コイツ、頑張ってるな・・・」
と思えば「いい事教えてやろうか・・・」といいアドバイスをくれるもの。

何も知らない新人さんにはこうは言ってくれません。はい、教えたくても教えようがないので。まさに「分からない事が分からない状態」。

新人の内は何でも吸収する姿勢が重要です。はい、これこそがチャンスになったりしますから。それに仲間と仕事ネタで盛り上がれるって超楽しいんです。
タクドラ同士での会話の多くはで実際コレですし。

そして、そこから情報を集めてスキルアップに繋げていくもの。
何も知らない新人さんは孤独です。

さて、如何ですか?仕事は楽しい方がいいですよね?
だとしたら、それを実現しましょう。但し、条件がありますが。

はい、乗務前に東京地理の基礎知識を身に着けるべきです。
ほんの1週間だけ勉強しましょう。

えっ!?1週間?

「1週間で何が覚えられるの?」って感じですよね?

いいえ、1週間で十分です。
言いましたよね?東京地理の構成原理は偉大だと。

はい、そして適切な覚え方で勉強すれば東京地理は決して難しくないとも。
これをご理解頂く為の学習過程がこの商品です。ウォーミングアップ
をバカにしてはいけません。


どんなに1流のアスリートでも試合前にウォーミングアップしなければ?
はい、実力を出し切れないでしょう。つまり結果に繋がらないんです。
普段運動しない人がいきなりマラソンできますか?
1キロ走っただけでバテてしまうでしょう。


ウォーミングアップとは、誰でもムリなくできる準備運動ですが、
その効果なくして結果は得られません。ご覧の皆様については、
「やる気ときっかけ」をここで得て頂かなければならないでしょう。

もう1度言います。

ほんの1週間だけ勉強して下さい。
渋谷から山手線の駅20駅に行く経路を覚えるのに何分かかるんでしたか?
これを7駅分覚えるなら?はい、超楽勝ですね?

これを、ここで明確に証明します。この学習過程では渋谷、六本木から山手線の駅全てに行く実際の運行経路を説明しています。今完璧に覚える必要はありません。少なくとも道順だけ、つまり、経路上の曲がる回数だけザックリ覚えればいいです。それで学習の難易度は図れるはずなので。

おそらく拍子抜けする事でしょう。

ズバリ言います!!
お勧めエリア7駅から山手線の駅全てに自在に行けるようになれば、
山手線の沿線エリア内であれば起点を問わずに同様の経路構成が自在にできるようになります。何故なら、7駅からの経路構成によって、この範囲内であれば
主要な幹線道路の内、ほぼ全てを使うからです。使い方を覚えるからです。

そして、この範囲内であれば全ての交通機関の駅に全て簡単に行けるようになります。何故なら、この範囲内の地理構成とは、山手線の駅に円滑に繋がるようにできているからです。

超基礎編の圧倒的、画期的ノウハウこそが、それを可能にします。
但し、この超基礎編は少々難しいでしょう。しかし、これさえクリアできれば
その後の学習はスラスラ進みます。苦労する価値は十分あります。保障します。

それでは当教材の学習過程の全てをここでもう1度説明します。

1、超基礎編のノウハウを覚える

2、それに基づき山手線沿線エリア習得編をクリア
(お勧め7駅から山手線の駅全てに行く運行経路を覚える)
ここまでを入社前の1週間で覚えて下さい。確実に可能。

3、4、5、
JR全線習得編、私鉄全線習得編、地下鉄全線習得編
1押しの営業エリア六本木から23区全ての駅に行く
実際の運行経路を覚える

このようになります。

東京23区には重複する路線をひとまとめにして数えても
500近くの駅があるでしょう。

はい、気が遠くなりますね・・・?

しかし、500という数は決して重要ではありません。
東京地理の構成原理は偉大です。それは中心との円滑な繋がりという
たった1つの目的に従った非常にシンプルなものであり、
そしてそれは見事に実現しています。

これに従う事こそが500という数字に直結します。
つまり、非常に合理的な構成で成り立つ東京地理では、
1つの目的地に行く為の運行経路は、決してそれだけの為に
あるのではなく、少々のアレンジ次第で行ける目的地の範囲は
飛躍的に広がります。

中心からの円滑さとはそういう事です。

蜘蛛の巣にかかった蝶々がもがいて違う場所にかかってしまったら?
蜘蛛は一切動じないでしょう。どこにかかっても同じ事です。

プロの乗務員としての本当の意味での習得とはそういう事です。
つまり、経路を自在にアレンジできるようになる事が自在な経路構成に
直結します。

1から考えて目的地に繋げるというような経路構成はしません、普通。
走り慣れた経路、身に付いた経路を少々アレンジする。これが迅速な経路構成というものです。そして、身に着けるとは、実際の経路を構成原理に重ねる事です。これはまさに従うべき原理原則になります。

断片的レベルで覚えた知識などすぐに忘れてしまします。例えば、

「あの駅、渋谷からどうやって行ったかなぁ~・・・?」は、

構成原理を理解してないからこその疑問なんです。
何故なら、それはあくまで必然的な繋がりになるからです。

500の駅全てに行く経路を1つづつ覚えてたら埒があきません。
このような必然的な繋がりを覚え、アレンジする事で自ずと
500という数字はクリアできるもの。

といっても、普段行かない所は必ずしも覚える必要はないでしょう。
ですから、500の内から省略できる駅はそうすべきかもしれません。

クドイようですが、もう1度言います。
東京でタクドラやるならで初常務前に、いえ、入社前に1週間だけ
勉強して下さい。入社後は忙しくなるのでそんな暇はありません。
この1週間で身に付く知識をバカにしてはいけません。

何故なら、基礎知識があってこそ乗務経験は無駄なく活かされる
のですから。つまり、1度お客様から教わった経路は1度で覚えられる
わけです。ゼロからは何も始まりません。

もし、全くの地理不案内で道案内を受けても決して1度では覚えられません。
いえ、10回教わらなければならないかも・・・・。

少なくとも4~5回でしょう、普通。

新人さんが23区を無難に走りこなせるようになるまでにかかる時間は
2~3年と言われてますが、それはこういう事なんです。

ここで私の提案を受け入れ、ほんの1週間だけ勉強すれば?
はい、都心で営業していれば昼間はほとんど山手線の沿線エリアを出ないので
このエリアを実務レベルで攻略できたらかなりの手応えになるでしょう。
ですから、言わせて下さい、お客様に。
「貴方、本当に新人さん!?」と。

これが勝つべくして勝つ事です。そして、それはその後のモチベーションアップとスキルアップに確実に繋がります。
そして気が付いたら売り上げも同時に付いてくる・・・。
これが成るべくして成る事です。


この商品はご覧の皆様に「やる気ときっかけ」を提供するものです。
決して実際の習得に直結するものではありません。しかし、
これは皆様にとってのチャンスと思って下さい。

さて、それでは最後までご覧頂き有難うございました。
皆様の就職が実りあるもんいなりますように。

お断り

学習にはタクシーセンターが販売している
業務用地図が必用です。
https://www.tokyo-tc.or.jp/index.cfm

当教材は勿論、実際の運行経路を詳細な図解により
再現するものではありますが、「道を覚える」とは、
地図を見慣れる、使いこなせるようになる事でもあります。
何故なら、実際の運行ではカーナビの地図を見ながら走る
わけですから。

従って、道を覚えるとは、当教材が示す
運行経路を業務用地図上で辿る事です。


これ以外にありません。実際に運行経路を
覚える為には、つまり、経路の起点から終点まで
迷わずに行けるようになる為には、経路上、
通過する道の名前、交差点の名前まで詳しく
覚える必要があります。

しかし、そのレベルを最初から目指していては
早期習得など、とても無理です。
そんな必要はなく、地図を見慣れる、地図を見て
理解できるようになる事こそが重要です。

上記のような詳細なレベルの理解と習得は
実際の運行によって、嫌でも身に付くもの。
今覚えるべき事は概要だけで十分です。

つまり、道順だけ覚えればいいでしょう。
それだけの基礎知識だけでも実務経験を
知識として活かす為の材料として
十分に活かされます。

例えば、渋谷から国会議事堂に行くと
しましょう。これは非常に単純な経路
で行くことができます。曲がる回数は
1回だけ。

この経路を地図で辿り、地図を見慣れる
事で、この経路は確実に身に付きます。

道を覚えるとは、こういう事です。
実際の習得とはこういう事です。

そして、本当の意味での習得とは、
あくまで走って覚える事です。

次の学習過程は超基礎編+山手線沿線エリア習得編
ですが、このレベルを当教材により学び、習得できれば
この範囲内の主要幹線道路のほぼ全てを経路構成に
使いますから、それなりの詳細なレベルで覚える事が
できます。

あとは実際の運行で覚えるしかありません。
はい、道を覚えるとは、あくまで実習による
ものなので。座学で身に付くものではありません。

つまり、知識を経験によって活かす事でしか
習得はあり得ません。

その為の材料となる知識を覚えなければ何も
始まりません。ゼロからは何も始まらないように。

ですから、皆様はその為の材料の収集をしなければ
ならないわけです。
はい、最初は必要なものを必要なだけで十分。

「知識とは使いこなせてこそ」であると言いました。
使えない知識は浅知恵、雑学でしかありません。

従って、習得において、知識の量は全てではありません。
その活用法までを習得してこそ、本当の意味での習得と
いえます。

何事も頭デッカチではいけません。
引き出しの数だけ増やしても、どこに何が
あるのかわからないようでは役には立たない
という事です。

皆様は、今必要な情報を必要に応じて
あくまで効率的に得られなければなりません。

それが早期習得の大前提です。
これを、あくまで経験者の体験談としての
具体的な提案として皆様に提供しましょう。

今日覚えた事は明日使える、活かせるという事
が実務的な習得といえます。

はい、実際に役立てる為の知識を着実に
覚えてこそ「価値ある習得」になり得ます。

つまり、身に付く事の充実感を確実に実感しながら
学べなければ学習は決して継続しないと言えるでしょう。

楽しく学んで超簡単スピードマスター!!
が当教材のモットーです。

そして、「楽しい」とは「できるようになる」事への
充実感の事です。行為の対象についてではなく、
前向きなマインドが向上する高揚感の事です。
そうは思いませんか?

当教材にはこの「楽しい」が一杯です。

しかし、楽しむ為には条件があります。
https://www.tokyo-tc.or.jp/index.cfm

はい、業務用地図を買って下さい。
郵送にも応じてくれます。2800円です。
これほど使いやすい地図はありません。
まさにタクドラの必須アイテム。
本屋さんでは売ってません。タクドラ仕様に特化
した本当の意味での業務用です。

本来なら地図こそがタクドラの最大の財産です。
知識の根源は、これによるものなので。


ですから、当教材は、この地図に新たな情報を付加
するものであると言えます。より実用的に、そして
実務的に役立てる為の。

もう1度言います。
本気で覚えたいなら業務用地図を
参照の上で学習して下さい。
それが習得の大前提です。




¥ 6,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(640555545 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。